1. 首页(ホーム)
  2. 学校简史(中華学校の歴史)

学校简史(中華学校の歴史)

1859年7月 横滨开港。
横浜開港。
1895年10月 孙中山先生成立横滨兴中会,并倡议建立华侨学校。
孫中山先生が横浜興中会を創立し、さらに華僑学校の創立を提唱。
1898年2月 横滨大同学校正式开学,康有为弟子徐勤任第一任校长。使用广东话授课,开世界近代华侨教育之先河。日本政治家犬养毅(后任日本首相)出任横滨大同学校名誉校长。
横浜大同学校が正式に開校し、初代校長には康有為一門の徐勤が就任。ここでは広東語による授業が行われ、世界中の近代華僑教育の先駆けとなる。日本の政治家犬養毅が名誉校長に就任。
1911年3月 清朝宣统帝赐横滨大同学校御书“育学广才“匾额。
清朝宣統帝が横浜大同学校に「育学広才」の扁額を下賜した。
1913年3月 孙中山来横滨,为横滨华侨学校题赠“为国育才“匾额。
孫中山が来日し、横浜華僑学校に「為国育才」の扁額を贈った。
1923年9月 关东大地震使横滨大同学校、华侨学校和中华学校三校皆毁。
関東大震災により、横浜大同学校、華僑学校、中華学校の三校とも全壊。
1924年1月 三校于新山下合建“广东小学校”。
三校が新山下に「広東小学校」を共同設立。
1924年9月 “广东小学校”迁回山下町关帝庙处,改称“中华公立学堂”。
「広東小学校」が山下町関帝廟の地に戻り、校名を「中華公立学堂」とした。
1926年10月 新校舍落成,改名为“横滨中华公立学校”。吴肇扬担任校长。
新校舎が落成し、校名を「横浜中華公立学校」と改め、呉肇揚が校長に就任。
1945年5月 遭美军大空袭,校舍化为灰烬。
米軍の大空襲に遭い、校舎は廃墟と化した。
1946年9月 新校舍落成,改名为“横滨中华小学校”,开始用普通话授课。
新校舎が落成し、校名を「横浜中華小学校」と改め、標準語(北京語)による授業を開始。
1947年9月 增设“幼稚园”和“中学部”,改名为“横滨中华学校”。
「幼稚園」 及び「中学部」を増設し「横浜中華学校」と改名。
1948年9月 增设“成人班”和“儿童班”,学生达1000余名。
「成人クラス」及び「児童クラス」を増設し、生徒数は1000名余りに達する。
1951年5月 “横滨中华学校校友会” 成立。
「横浜中華学校校友会」創立。
1952年9月 学校遭人祸被迫而分,暂分散在侨胞家和店铺中上课。
人災により学校は分裂に追い込まれ、暫時多数の僑胞の家に分散して授業を行う。
1953年9月 于山手町另建成校舍,命名为“横滨中华学校山手临时校舍”。
600余名学生迁至此处上课。
山手町に臨時校舎建設。校名を「横浜中華学校山手臨時校舎」とし、600名余りの生徒が ここに移転して授業を続けた。
1957年3月 山手町校舍改名为“横滨山手中华学校”。
山手町の臨時校舎を「横浜山手中華学校」と改名。
1959年4月 制定横滨山手中华学校校徽、校歌。
横浜山手中華学校の校章及び校歌を定める。
1966年5月 五层钢筋水泥的新校舍落成。
地上5階建て鉄筋コンクリート造の校舎が落成。
1966年12月 获神奈川县批准为“学校法人横滨山手中华学园”。并成立学园理事会,李天图任第一任理事长。
神奈川県の認可を受け、「学校法人 横浜山手中華学園」となる。また、学園理事会が発足し、初代理事長に李天図が就任。
1967年4月 增设高中部。
高等部を増設。
1982年3月 停办高中部,重点推进幼稚部、小学部、中学部教育。
高等部を廃止し、幼稚部、小学部、中学部の教育に重点を置く。
1983年4月 开始恢复由中国聘请教师。
中国からの教師招聘を再開。
1993年4月 实行教育改革。
教育改革に着手。
1994年9月 添设电脑教室。
コンピュータ教室を設置。
1998年8月 欢庆建校百周年华诞。
学校創立百周年の祝賀行事を行う。
2008年5月 国家主席胡锦涛阁下一行专程莅临我校。
胡錦涛国家主席が本校を訪問。
2010年4月 新建大规模校舍落成(于吉滨町),并创立“熊猫幼稚园”。
吉浜町に新校舎を建設し移転。「熊猫(パンダ)幼稚園」設立。

▼1898年 横浜大同学校校舎

▼1924年 横浜中華公立学校校舎

▼1949年 横浜中華学校校舎

▼1953年 横浜中華学校山手臨時校舎

▼1966年 横浜山手中華学校校舎

▼2010年 横浜山手中華学校新校舎